消費者金融、キャッシングを利用するにあたっての心構え

キャッシングは担保もなく、短期の比較的簡易な審査で、お金を借りることができる方法です。そのため、利息が高かったり、返済期間のサイトが短かったりと欠点もありますが、どうしてもお金が必要な場合には頼らざるええない方法でもあります。

ここでは、そうしたキャッシングを利用するにあたっての心構えを書いていきます。しっかりと守って、信用を失わない形でお金を借りることが大切です。

キャッシングが必要になる場合は、今すぐに一定額を用意しなければならないという場合が多く(むしろ、そうした場合に限定してください)、親や友人などにお金を借りると今後の人間関係などに影響してまう、そうした場合に利用することになります。

最近では、多くキャッシング会社が、即日審査で、お金を融資してくれます。スマホやパソコンから手続きができ、午前中にお願いすれば、午後にはもう振り込まれるなど対応も迅速です。

融資額については、よりしっかりとした審査のあるキャシングですと、300万円~500万円借りることができる会社もありますが、即日融資の場合は、せいぜい数十万円が限度だと考えてください、やはり、会社側としても厳格な審査ではないと、リスクを取ることは難しいという事情があるのを理解してください。

それを踏まえて、キャシングを申し込むときの心構えです。何よりも大切なのは「虚偽の申告をしない」ということです。担保や決算書などの目に見えるものがない中で融資を行うわけですから、より自分の信用を失わないように行動してください。

一度、虚偽がばれて信用を失うと、その会社からの今後の融資が受けられなくなるばかりでなく、業界の「ブラックリスト」にも掲載され、情報が駆け巡ります。

今後、同じようにキャッシングを利用する必要に迫られた場合でも、他者であっても融資が難しくなる場合があります。また、急いでいるからといって複数の会社に同時に申し込むのもやめましょう。

複数の会社から並行してお金を借りていると思われてしまいます。お金にだらしがない人だと思われてしまい、これも以降の融資に大幅にマイナスになります。とにかく、真摯な姿勢で嘘をつかないということが大事です。

キャッシング審査をパスするポイント

キャッシングでお金を借りたい!となれば、消費者金融は必ずあなたを審査にかけるでしょう。 この審査では、あなたという依頼主にきちんと返済能力があるのか否かが判断されます。 つまり審査に通らなくては、借り入れを受けることができないのです。

ここでは、そんな審査でチェックされる重要なポイントを紹介いたします。 この項目を参考に、スムーズに審査をパスしましょう!

・キャッシング審査でのポイント・ 《⒈》まず一つ目に、審査以前の〝キャッシング会社選び〟についてになりますが、利用する消費者金融は誰でも聞いたことのあるような大手会社を選択しましょう。

審査が簡単に通ってしまう、審査なしで借り入れ可能・・・。一見魅力的に思えるかもしれませんが、 このような会社はヤミ金であるケースが多く、大変危険です。

審査が面倒に感じてしまうかもしれませんが、必ず信頼できる大手会社のキャッシングを利用してください。

《⒉》キャッシングの審査では、依頼主の返済能力がチェックされます。そのため、大前提として安定した収入を得ているか否かがポイントとなってくるでしょう。

ここでは、正社員であるか、またアルバイト・パートであるのかはあまり関係ありません。勤続年数や、毎月きちんとした収入があるのか否かがポイントです。

《⒊》また、お金を借りるわけですので、依頼主の信頼度もポイントです。申し込みの際の申告は、嘘・偽りのないようにしてください。

《⒋》最後に、いくつかのキャッシングへ同時に申し込みをしていないでしょうか?

審査の際、他の会社でも審査が行われていることが判明した場合、審査をパスできる可能性はダウンしてしまいます。その理由は、それほど金銭的に困っていることが予想されるためです。

上にも書きましたが、審査というのは、依頼主の返済能力を確認するために行っています。金銭的に困っていることは、イコール返済能力が低いと判断されがちなのです。

いかがでしょうか?以上の4つに問題がなければ、きっと審査はパスできるはずです。 逆に、もしも審査が通らず悩んでいる場合、上の項目のいずれかに問題があるのかもしれません。

近年イメージアップしたキャッシングについて

一昔前まで、消費者金融の利用者、と聞けば、ある程度お年を召した中年の方、といったイメージがありました。また同じように、「消費者金融イコール怖い、危険だ」といったマイナスイメージも強かったと思います。

そのため、消費者金融の利用を「最後の手段」だと言わんばかりに避けてこられた方も多いでしょう。確かに、活用方法によっては返済が長期間にわたってしまうなどのデメリットもあります。また、金融機関のローンなどと比較しても、金利が高く、返済が大変だ、といった印象もあるでしょう。

ところが、近年では消費者金融のこれらマイナスイメージが覆りつつあるのをご存知でしょうか?

というのも、2010年に全てが施行された貸金業法を機に、消費者金融にこびりついてしまったマイナスイメージを払拭しようと、様々な金融業者が積極的にイメージアップに努め始めたのです。

それは外見的なイメージに留まらず、貸付金利の利率引き下げなどにも繋がっています。消費者金融の利用は、これまで以上にハードルが下がり、多くの方が気軽に活用できるように変わっているのです。

また、消費者金融を利用する皆さんの年齢層にも変化が見られているようです。上に書きました通り、これまでの利用者はお年を召した中年層が大多数であったことに対し、近年では若者たちが抵抗なく消費者金融を利用するようになってと言われています。

消費者金融側も、こういった若者の利用増加に沿うように、若年層にマッチしたサービス内容を展開しています。

一口に「若者」といっても、最近ではそのライフスタイルも多岐に渡ります。 多様化する現代人の生き方に、消費者金融はこれまで以上に寄り添える存在となりつつあるのではないでしょうか。

とはいえ、消費者金融では皆さんの大切なお金が関わる契約を結びます。「以前よりも安全になった!」「手軽に使える便利な手段だ!」と、無闇やたらに申し込みに踏み切ることはあまり賛成できることではありません。

無理のない返済計画を持って、よりかしこく活用するよう心がけましょう。

このページの先頭へ