日勤常勤看護師│キャリアデザインを持つことが転職成功の鍵

日勤常勤看護師の転職│将来の自分をイメージしよう!

日勤常勤看護師の転職│将来の自分をイメージしよう!



転職して成功した人もいるし、失敗した人もいます。どのような点に注意をすれば転職に失敗しないのでしょうか? その答えのひとつが、自分の将来像を見据えて長いタームで転職を考えることです。ここでは「転職後の自分をイメージして日勤常勤の助産師求人への転職を考える」ことについて話をいたします。

転職活動をする場合は不安や希望が入り交じった状況になります。大勢の人達は真剣に転職先を選ぶスタンスに立っています。けれどもあまりにも真剣に考えすぎると周囲が見えなくなり、客観的な判断ができなくなります。転職したあと「こんなはずじゃなかったのになぁ」と後悔することになるでしょう。

それをなくすためには<転職前と転職後の違い>を転職する前にイメージして考えておくことです。とりわけ看護師の世界では転職するのは当然と考えられています。新卒から看護師になって生涯40年看護師をした場合には10回程度の転職は普通になっています。

転職して勝ち組になった人もいますし、失敗して負け組になってしまった人もいるのです。この両者が大きく違うのは<自分自身のキャリアをデザインできたかどうか>になります。簡単に言うと転職後の自分の姿をイメージできていて転職活動をしたかどうかです。

看護師が転職を決意する場合の理由は「人間関係」「給与面」「出産や結婚」「教育体制によるスキルアップ」が上位を占めます。目先のことを優先にして転職しまう人もいます。すると転勤先の職場でまた不満に感じて別の職場へ転職してしまいたくなるのです。そのときはなんと転職できたので良かったかもしれません。

若い頃は転職がさほど大きな痛手にはなりません。しかしながら、くり返し転職をしていると雇用条件が悪くなります。最悪は就職先が見つからなくなってしまうでしょう。

そういったことを避けるために転職に対する見方を検討する必要があるでしょう。例えば、これまでの看護師としてのキャリアを次の職場で活用することです。慢性期疾患を持つ患者様を多数受け持った経験があるならば在宅看護の方向に進むことは理にかなっています。

転職する場合にはこれまでの看護経験をどういった方面で活用できるかを考えるべきでしょう。給料が良さそうだから……そんな理由で行き当たりばったりの転職をすることは望ましくありません。お金狙いだけの看護師はあまり採用されないですし、そういった転職を続けていると最終的に医療機関から見放されるでしょう。

看護師として仕事ができる現場を求めましょう!

看護師が仕事をするのはどういった場所がありますか? 普通の答えてとして出てくるのは<医療機関>でしょう。その回答で間違いはありません。けれどもこれからの時代はどうなるのでしょうか?

「超少子高齢化社会」「医療技術の高度な成長」が予想できるでしょう。近未来にはさまざまな現場が登場してくるのは間違いありません。そういった意識を持っておくと就職や転職の幅が飛躍的に拡大します。

看護師として仕事ができる現場を求め続けて欲しいのです。仕事ができる幅が増えれば<働きやすい仕事場の選択肢>が増えます。さまざまな角度から看護師が活躍できる現場を調べてみたら予想もしなかった発見があります。

「病院」や「クリニック」は看護師が活躍する一番多い場所です――これには異論がないでしょう。医者がいても医療行為をスムーズに行うには看護師のサポートは不可欠です。そして入院病棟で活躍するメインは看護師です。

病院によっては入院患者の食事の食器を下げる仕事は配膳係に許可されていないケースもあります。厳しい場合は病室に入院することすら許されていません。「衛生上の問題」や「明確な立場の権限」は医療機関運営者の判断になります。

労働規約や規定を定めている病院やクリニックの方針が患者様にご理解していただいていない場合はどうなるでしょうか? 「配膳係が食器を下げてくれなかった」――患者様がクレームを言っても最終的には看護師に責任がかかります。

入職する前に病院側・クリニック側が看護師に何を期待しているのか、しっかりと規約を確認しましょう。<ここならば自分が活かせる>と判断できるかどうかが大切です。

どこの医療機関でも看護師がする仕事は大きくは変わりません。なぜならば看護師の資格には<できる仕事の範囲が決まっている>からです。「活躍できるかどうか」と「自分に合っているかどうか」は全く別の問題です。

近頃では看護師資格を取得しても<ゆとり教育>の影響があり、数年経つと「注射を長い期間打っていなかったので怖い」という状況になったりすると言われています。

どの医療現場でも注射が必須とは言いませんし、病院によってはパート勤務看護師には注射をさせない規定もあります。技術力をさび付かせないように看護師として活躍できる現場を求めていくように意識して欲しいです。

看護主任になるために知っておきたこと

看護師として、キャリアを積んでいくことを考えているのであれば、看護主任について理解しておく必要があるでしょう。そこで、看護主任になるために知っておきたい事について、今回は3つご紹介することにします。

まず1つ目は、役職とはいえ、現場の看護師寄りの立場であるということです。主任の上は看護師長ですが、師長ともなると全体を統括する役割となるため、直接患者さんと関わることは少なくなります。

しかし、主任であれば、まだまだ現場で活躍することを求められるんですね。もちろん、他の看護師を指導したり、上司との橋渡しを行うこともありますが、多忙な分やりがいがあるといえるでしょう。

2つ目は、10年程度のキャリアは必要となるということです。多くの看護師は、3年程度で転職を考えるようですが、これは家庭の事情だけが原因ではなく、キャリアを積み重ねていきたい看護師も同じであるようです。

つまり、より自分が得たいスキルや経験が積める医療機関などへ、転職をするということですね。あまりにも転職が多いと、場合によってはあまり良い印象を与えませんが、一貫性のある理由は高評価につながります。その結果、約10年ほどで主任となるケースが多いのです。

最後の3つ目は、職場の環境作りも主任の仕事であるということです今まで、職場の雰囲気や風習などに悩んできたのであれば、自分で作っていくことができるため、非常にやりがいがあるといえるでしょう。

それだけではなく、自分が育てた看護師が独立していったり、成長していく姿を見ることもできますので、リーダーシップをいかんなく発揮して活躍することができるといえます。このような環境づくりは、キャリアアップして主任とならなければできないことですので、そう言った意味では特殊な業務内容の1つといえるでしょう。

この他にも、看護主任になる前に知っておきたい事はいくつかありますが、最低限抑えておきたい3つの事をご紹介してみました。簡単に突くことができる役職ではありませんが、挑戦してみてはどうでしょうか。

病棟看護師の魅力と実態

看護師の中では、病棟看護師として働くことを嫌がるケースがあるようです。なぜなら、非常に多忙であり、また体力を必要とするからです。 それでは、もう少々詳しく病棟看護師についてご紹介していくことにしましょう。基本的に、勤務体制は2交代か3交代となりますが、夜勤が必ずあります。

そのため、申し送りはもちろんのこと、通常の医療処置や、入院患者の病状の観察、患者さんへの支援などがメインの仕事となるでしょう。 また、入院していると、何かとナーバスになってしまうものですし、担当する病棟によっては、常に死と向かい合って生活している人も存在します。

そう言った意味では、看護師がカウンセラー的な役割も果たすと言えそうです。 仕事の流れとしては、患者のバイタルチェックから始まり、体拭き、場合よっては入浴介助、検査や手術への送り出し、医療処置、ベットのシーツ交換など、忙しく動き回ることとなります。また、配膳や与薬も大切な仕事の中の1つです。

その後、最終的には交代する看護師に申し送りをして仕事は終了することになりますが、忙しくて日報を書く時間がなかった場合は、残業して仕上げる必要が出てきます。 生活のリズムが乱れがちとなり、また、病院によっては多忙を極めてしまいますが、病棟看護師の経験があると転職に有利になる場合があります。

目安としては、5年程度の経験が必要となりますが、今度キャリアを積んで役職に就くことを目指していたり、ケアマネや認定看護師、専門看護師の資格取得をする際に役立ちますので、早めに働いておいた方が良さそうです。 やはり体力を必要とする部分がありますので、ベテランになってから働くと、体がついていかないということになりかねません。

尚、この病棟看護師としての経験は、ブランクがある場合でも有利だと言われており、面接の際などでアピールすることができれば、仕事が決まりやすくなるかもしれません。 家庭がある人にとっては、病棟看護師は働きづらい仕事であるともいえますが、経験したことは必ず役に立つときが来ますので、一度経験してみるのも一考でしょう。